水回り

安全性と清潔感に配慮したリラックス空間

1日の疲れを癒やしリラックスできる大切な場所でありながら、古い浴室にも危険は潜んでいます。浴室の事故で多いのがヒートショック現象によるもの。寒い浴室に入ったとき体が震えて心臓がドキドキしたことはありませんか? これは温度差で体調が急激に変化したためで高齢者では命にかかわる場合もあります。このヒートショックは浴室に暖房をつけ温度差をなくすことで防止できます。
また床が水や石けんで濡れているため滑りやすいことにも注意したいもの。脱衣所と浴室の段差をなくす、浴槽をまたぎやすい高さのものに替える、手すりをつける、滑りにくい床材を選ぶなどの工夫で事故を防ぐことができます。
浴室の悩みといえば忘れてはならないのはカビ。タイルなどを床や壁に張る在来工法の浴室では目地にカビが生えやすく掃除も一苦労。しかし現在主流になっているパネル組み立て式のシステムバスに入れ替えると目地が少なく水切れもよくカビが生えにくいなど、掃除を簡単にする工夫が施されています。さらに浴室換気・乾燥機を採用するのもカビ対策に有効です。清潔な浴室がキープできます。

朝の身支度から選択まで機能的に行えるスペースに

洗面所は洗顔はもちろん、うがい・手洗い、歯磨き、ヒゲ剃り、化粧など、身支度をするのに家族が入れ替わりで使い、朝は特に混雑するスペース。洗面台のボウルが小さい、水道のハンドルが使いにくい、コンセントが少ない、収納が少ないなどの不便・不満を、高機能な洗面化粧台の設置などで使い勝手が格段によくなり、時短にもつながります。
また洗面所はたいてい浴室の入り口にあり、脱衣所として使うことが前提です。冬など浴室は暖かくても洗面所が寒いままでは服を脱いだときの温度差で体がヒートショック現象を起こす危険性も。屋外の冷気が入り込まないよう窓を二枚ガラスにしたり内窓をつけることで寒さ対策が可能です。加えて水滴や湯気に長年触れることで床が腐ったり、壁・天井がカビやすいのも洗面所の宿命です。水に強い床材やカビに強い壁材などで湿気に備えましょう。
洗濯機も設置している場合、洗濯機や洗剤・タオル収納のレイアウトを見直すことで洗濯物の仕分けから洗濯、物干し場までの連携が楽になります。

隠れた”家の顔”は常にクリーンで使いやすく

家族全員が1日に何回も入り、高齢になるほど使う回数が増えるのがトイレ。その一方、使用したお客さまに“家の素の顔”として強い印象を残しやすい場所です。こまめに掃除をしていても長い年月の間に汚れが蓄積し、新築時の清潔感が失われやすいので清潔さや安全性も含めて快適な環境にリニューアルしたいもの。古い環境を一新し毎日の掃除をラクにするなら便器のアップデートも選択肢のひとつ。現在の便器は進化し、自動洗浄やふちなし構造など汚れが付きにくく掃除のしやすい工夫が施されているので掃除の負担が軽くなります。従来品と比べて節水・節電仕様のため、水道料金や電気料金が節約でき経済的。掃除しやすい床材を組み合わせることでクリーンかつしゃれたトイレにイメージチェンジできます。においが気になる場合、防臭機能のある壁材や換気扇などで解消も可能。
また高齢になるとドアを開ける動作も負担になるもの。夜中でも安全にスムーズに出入り・使用できるように、ドアの幅を広くして引き戸に変更する、敷居の段差をなくす、手すりを設置するなど、今から見直しておくと高齢者に優しいトイレになります。

  • CLOSE
  • PAGE TOP