玄関・廊下・階段

バリアフリーで家族全員に優しい家に

毎日家族が行き来する玄関や廊下、階段。新築したときには気にならなかった高低差やちょっとした段差が、年をとると負担になり、転倒など事故の原因にもなります。たとえば和風玄関の上り框が高く上がりにくい、 廊下と部屋との段差でつまづく、階段が暗く滑りやすく踏み外す、階段が急で上り下りしにくいなど。いま自分が不便を感じていなくても親などの高齢者が歩きや上り下りに時間をかけるようになったらリフォームを検討しましょう。玄関に手すりや式台を設置する、 廊下の段差をなくす、階段は滑りにくく柔らかい素材に替え、手すりをつけて照明を明るくするなどの工夫で、子どもから高齢者まで家族全員に優しい家になります。 玄関は家の顔であり見た目の美しさにもこだわりたいところ。格調高い材質・デザインの玄関ドアに替えるだけで家全体がグレードアップして見えるだけでなく、防犯・断熱・通風・防火など機能的なものを選ぶことで玄関がより安心・快適な環境に。 リフォームで収納力を高めてすっきり見せると、絵などの飾りが映えるおもてなしの空間になります。

  • CLOSE
  • PAGE TOP