屋根

新築並みの外観にリフレッシュ

屋根と外壁は、美観だけでなく家全体の耐久性にかかわる部分でも定期的なメンテナンスが必要です。住宅の立地環境や建材によって異なりますが、一般的には屋根と外壁は10年がリフォームの目安。 一見きれいなようでも部分的な傷みを放っておくとマイホームの寿命を縮めかねません。

耐震性や家の耐久性に大きく関わる屋根

屋根のリフォームは材質と傷みの程度に応じて選べます。スレート屋根や金属屋根の色が褪せてきた場合は再塗装を。表面の耐久性をアップし色を替えることでイメージチェンジができます。スレート屋根がさらに劣化し、雨漏りして下地が腐る危険性が出てきたら、既存の屋根に新しい屋根材をかぶせるカバー工法を。工期が短いだけでなく遮熱・防露の効果もあり美観・性能ともに向上します。瓦やスレート屋根の傷みが進んだ場合は軽量屋根材への葺き替えを行うことで、 見た目がリフレッシュするのはもちろん耐震性も高まり家全体の健康が保てます。

素材選びで劇的に変わる外観と機能性

外壁リフォームは目的や費用に合わせて選べるのがポイント。塗り替えの場合、好みの色に調整でき、汚れがつきにくいなど機能性塗料を選べるのも利点です。また外壁の外装材を張るサイデイングを行うと、壁が強固になり断熱性もアップします。 水や紫外線に強いタイル張りは、圧倒的な耐久性で高級感あふれる外観に激変します。

  • CLOSE
  • PAGE TOP